読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ運営について

ブログの使い方などのメモ

今更聞きにくい!Googleアナリティクスの利用

アフリエイトのこと

ざっくり言うと。[ユーザー]でどんな人が来ているか、[集客]でどこから来ているか、[行動]でどのページを見ていたかがわかるんです。

 

[ユーザー][集客][行動]はGoogleアナリティクスの左側のメニューに並んでいる。

 

f:id:yumeji773:20170412094522p:plain

 

[集客]の[すべてのトラフィック]→[チャネル]

ユーザーがどこから来たのかを示す「流入経路」はここでしらべます。

流入経路を調べるには[集客]→[すべてのトラフィック]→[チャネル]

f:id:yumeji773:20170412094722p:plain

 

1、ユーザーの9つの流入経路

Googleアナリティクスでは、「どこから入ってきたか」によって流入経路が振り分けられます。現在Googleで定義されている流入経路(デフォルトチャネルグループ)は下記の9種類です。

➀Direct(ダイレクト)……直接URLを入力した時、お気に入りやブックマークからの訪問

②Organic Search(オーガニックサーチ)……検索エンジンの検索結果からの訪問

③Social(ソーシャル)……FacebookTwitterなど、GoogleアナリティクスがSNSだと判断したサービスからの訪問

④Referral(リファラル)……リンクが張ってあるWebサイトからの訪問(ただしソーシャルからの訪問は除く)

⑤Email(イーメール)……メルマガなどからの訪問(パラメータを付ける必要がある)

⑥Affiliates(アフィリエイト……アフィリエイト広告経由の訪問

⑦Paid Search(ペイドサーチ)……リスティング広告等、検索結果画面に配信された有料広告経由の訪問

⑧Display(ディスプレイ)……GoogleYahoo!などのディスプレイ広告経由の訪問

⑨Other Advertising(アザーアドバタイジング)……その他の広告からの訪問

 

2、ショップ内のどこに問題点があるか見つけるために

[行動]では、ショップ内でユーザーがどんな動きをしていたかを見られます。

[行動]→[サイトコンテンツ]→[すべてのページ]

f:id:yumeji773:20170412100013p:plain

 

絶対出てくる4つの用語

使う用語を簡単に説明しますと。

 

ユーザー数……指定した期間内にサイトを訪れたユーザーの固有の数

 

セッション数……指定した期間内に1ユーザーがサイトに訪問してから離脱した回数。

離脱とみなされるのは、

①30分以上操作をしない時(ページの遷移や購入完了など)

②日付が変わった時、

③サイトの流入の仕方(参照元)が変わった時

 

PV(ページビュー)数……指定した期間内に見られたページの総数

 

平均ページ滞在時間……ユーザーが特定のページを閲覧していた平均時間

 

商品詳細ページは、商品の魅力を伝えてカートに入れてもらうための大事なページです。

1、閲覧時間が短くて、離脱率が高い場合

サイトを見たけど、写真が少ないしサイズも書いてないし、もしかしたら買いたいけど必要な情報がなくて、買うのやめちゃった可能性があります。(情報不足)

 

2、CTRは「クリック率」、バナー広告が表示されたうち、どれだけクリックされたかの割合を表しています。

 

3、「CVR」は「コンバージョン率」、購入につながったものを見る指標というのもあります。

例えば

アフィリエイト管理画面で見てみると、バナーAは10万回表示されて、5千回クリックされてるから5千÷10万でCTRは5%、サイトには5千人訪れて、そのうち100人が購入してるから、100÷5千でCVRは2%になります。

 

4、[ユーザー]でわかることとは?

[ユーザー]では、どういったユーザーがサイトに訪れているかを知ることができます。

年齢・性別、使っているデバイス、どこに住んでいるかなどもわかるため、「狙っているターゲットにちゃんとアプローチできているか」「実はこんなユーザー層が多い」といったことがわかります。

 

余談ですが【混乱しがち!】「UU」と「SS」と「PV」の違い

ユーザー(UU)

指定した期間内にサイトを訪れたユーザーの固有の数。

セッション(SS)

指定した期間内に1ユーザーがサイトに訪問してから離脱した回数。

離脱とみなされるのは、

①30分以上操作(ページの遷移や購入完了など)をしない時。

②日付が変わった時。

③サイトの流入の仕方(参照元)が変わった時。

ページビュー(PV)

指定した期間内に見られたページの総数。

 

 

 

 

Google Analyticsトラッキングコードによる所有権の確認

ブログのこと アフリエイトのこと

Search Consoleでサイトを追加した時に行う所有権の確認の方法として「Google Analyticsラッキングコードによる所有権の確認」について解説します。この方法は対象のサイトに対して同じGoogleアカウントを使ってGoogle Analyticsのトラッキングコードを設置している場合に便利な方法です。

 

Search Consoleでサイトを追加した時に行う所有権の確認

Search Consoleへログインして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405105604p:plain

 

所有権の確認を行うサイトの右側に表示されている「プロパティの管理」をクリックし、表示されたメニューの中から「このサイトを確認」メニューをクリックして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405105803p:plain

 

「所有権の確認」画面が表示されます。通常は「HTML ファイルをアップロード」方法がおすすめの方法として表示されますが、今回の方法であるAnalyticsのトラッキングコードを使用する方法が使用可能な場合は「Google アナリティクス」方法が最初に表示されます。

 

f:id:yumeji773:20170405105842p:plain

 

Analyticsのトラッキングコードを使用する場合は、既に設定がされていれば追加で必要な作業はありません。確認ボタンをクリックして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405105915p:plain

 

「(URL) の所有権が確認されました。」と表示されれば確認は完了です。

 

f:id:yumeji773:20170405105957p:plain

 

Search Consoleのホーム画面に戻って見ると、確認を行ったサイトに表示されていた「未確認」マークが消えています。

 

f:id:yumeji773:20170405110036p:plain

 

サイトの確認は定期的に自動で行なわれます。そのため、確認のために使用したトラッキングコードを削除しないで下さい。次にサイトの確認が行われた時にトラッキングコードが存在しないと未確認の状態に戻ってしまいます。

 

グーグルアナリティクス登録

アフリエイトのこと

◆グーグルアナリティクスやサーチコンソール(Search Console)を利用するには「グーグルアカウント」を取得する必要があります。

 

1、グーグルアカウントの取得方法、

グーグルアカウントはグーグルアカウント作成ページに行き、名前、メールアドレス、パスワード、生年月日、性別など必須項目をすべて入力して簡単に取得できます。

 

2、グーグルアナリティクスの登録方法

1、グーグルアナリティクスからパスワードを入力して管理画面にログイン。

 

f:id:yumeji773:20170405100038p:plain

2、Analyticsを初めて利用する場合は次のような画面が表示されます。画面右側の「お申し込み」ボタンをクリックして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405100340p:plain

 

 3、新しく作成するアカウント、そしてアカウントに最初に作成するプロパティに関する情報を入力します。

 

f:id:yumeji773:20170405100545p:plain

 

4、アカウントに関する項目はアカウント名だけです。「アカウント名」を任意の名前で入力して下さい。今回は「プライベートサイト」としました。

 

f:id:yumeji773:20170405100723p:plain

 

5、プロパティに関する項目です。プロパティはアクセス解析するサイト毎に1つ作成します。最初にアカウントを作成する時にプロパティも1つ作成します。複数のサイトを解析する場合には後からプロパティを追加していきます。プロパティでは「ウェブサイト名」「ウェブサイトの URL」「業種」「レポートのタイムゾーンについて設定します。ウェブサイト名は任意の名前を付けることができ、ここで指定した名前がプロパティ名となります。

 

f:id:yumeji773:20170405100852p:plain


6、「データ共有設定」の設定です。Analyticsを使って収集したアクセス解析のデータをGoogle側と共有するかどうかについて指定して下さい。取りあえず今回はデフォルトのまま全てにチェックが入っています。設定が終わりましたら画面下部の「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックして下さい。

  

f:id:yumeji773:20170405100952p:plain

 

7、「Google アナリティクス サービス利用規約」が表示されます。(他の言語で表示されている場合は画面左上のドロップダウンリストから「日本」を選択すると、日本語のサービス利用規約が表示されます)。よく読んで頂き同意できる場合には「同意する」ボタンをクリックして下さい。

  

f:id:yumeji773:20170405101424p:plain

 

8、 Analyticsアカウントの作成と、最初のプロパティの作成が完了しました。

  

f:id:yumeji773:20170405101621p:plain

 

 現在画面に表示されているのは作成したプロパティに関する情報です。後で使用するトラッキングコードなどが表示されています。では画面左側のプロパティ名が表示されている左側にある矢印アイコンをクリックしてみて下さい。

  

f:id:yumeji773:20170405101730p:plain

 

 次のような三階層の画面が表示されます。Analyticsではこのように三つの階層で管理されており「アカウント」「プロパティ」「ビュー」というものが使われます。

  

f:id:yumeji773:20170405101848p:plain

 

 以上でAnalyticsアカウントと最初のプロパティの作成は完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「できすぎくん」にページトップへ戻るボタン

独り言

ググてたら記事がありましたので、紹介します。

 

1、 矢印画像を用意し、アップロードしましょう。

画像は、幅35から50ピクセル程度

 

2、できすぎくんのサイドバー編集で、最後の行に自由ボックスを挿入。

 

f:id:yumeji773:20170330213928p:plain

 

3、HTML編集モードにして以下のhtmlコードを、画像を指定しているコード<imgの前にそのままコピペ。

<div style="position: fixed;right: 5px;bottom: 30px;"><a href="#container">

 

4、続いて、画像を指定しているコードwidth="full">の後に以下のコードをそのままコピペ。

</a></div>

 

<例>

<div style=”position: fixed;right: 5px;bottom: 30px;”><a href=”#container”>
<img src=”http://m.msmstatic.com/000000000/pagetop.png” alt="”ページトップへ”" title=”ページトップへ” align=”noassign” width=”full”>
</a></div>

コピペして、画像URLを変更してください。

 

※画像挿入のHTMLコードはChromeでの表示コードです。

 

5、 htmlを挿入するボタンをクリック。
※自由ボックスには何も表示されませんが、心配無用。

 

6、 保存しサーバーにアップロードして終了!

 

※position: fixed・・・指定した表示の位置
right: 5px・・・・・画面右端から画像の右端までの距離が5px
bottom: 30px・・・画面下端から画像の下端までの距離が30px

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショップのメンテナンス

アフリエイトのこと

 ショップに掲載している商品を「商品ブックマーク機能」に登録しておきます。

 1、自分の取り扱っている商品が在庫切れになってしまう可能性もあります。

2、商品がなくなったら、類似商品を掲載してカバーしていきます。

 

※販売終了・・・・今後販売される予定なし

※入荷待ち・・・・在庫が切れている

 

商品ブックマーク機能を使って、掲載している商品を全て登録する。

 

自分のサイトの傾向を見たい時に参考になるツール

・ショップにどれくらいの人数が訪問しているか
・どんなキーワードでショップにアクセスしているか
・新規ユーザー・リピーターの割合はどれくらいか
・どのページが一番見られているか

 

www.google.com

 

「GoogleAnalytics(グーグル アナリティクス) 使い方」は次回紹介します。

 

SEOで上位表示させるために

アフリエイトのこと

Google Adwordsは審査抜け漏れにより一時的に出稿出来る場合もございます。ただし、ほとんどの場合、数日で出稿が停止されることになります。

 

◆キーワードを決める方法
・需要があるキーワード&競合状況の把握

1、検索エンジンにてキーワード「商品名 TV(テレビ)」で検索検索 テレビで紹介されているかチェック

2、検索エンジンにてキーワード「商品名 雑誌(雑誌名)」で検索検索 雑誌で紹介されているかチェック

3、楽天市場にて「商品名」で検索検索 どれだけの店舗が取り扱っているかをチェック

※取扱店舗が30店舗くらいをラインとして、多ければ多い程露出が高いというコト。

4、商品名の月間検索回数

 

SHOPの作成
・titleタグ、meta descriptionタグ
・SHOPの見出し
・商品の説明文(イージーライター利用)
上位表示したいキーワードをしっかり挿入する!

 

ブログからのリンク集め
・500文字×10記事×3ブログ=30記事のうち6記事からリンクさせる
・リンク先はTOPページと、詳細ページを混合させる
・ブログ自体も情報として価値があるように作り込む

 

SHOPのオリジナルコンテンツ追加
・店長の挨拶、よくある質問コーナー、メディア掲載履歴

  

ショップのURLをYahooやGoogleの検索窓に入力をして、検索します。

 

もし検索結果に何も表示されていない場合は

 

オリジナルコンテンツの追加を引き続き行っていきます。

 

SEO対策の効果がでているかランキングを1日1回は確認します。

 

broadentry.com

他サイトからのリンクの数のSEO対策

アフリエイトのこと

ショップと関連したテーマのブログを作る。

・商品を紹介するブログ

・商品の関係について紹介するブログ

・商品を販売している会社についてのブログ 

 

実践1、

テーマを決めたらブログを立ち上げる。
上位表示するキーワード(商品名)をブログタイトルに入れる。

★1日1記事を連続で5日間更新する。(リンクは設置しない)
全てオリジナル文章で500字以上の記事にする
テキスト内に商品名キーワードを最低2個入れる

 

※毎日ブログを書く時間がない!という人には、「予約投稿」機能を使うと便利です!

5つ記事を書いたら、5日間連続の日付設定をすれば自動的に毎日更新されます。
有効な時間の使い方をしていきましょう。

 

※5日間連続で投稿したブログの翌6日目にショップへのリンクを貼る

※キーワード(商品名)で上位表示されているか確認する。