ブログ運営について

ブログの使い方などのメモ

検索上位表示させる3つのステップ

スポンサーリンク

SEOって、何だか・・・・。SEOと聞いただけでご遠慮願いたい気分でした。

実際にSEOは、学生だろうと、ド素人だろうと、やれば確かに成果が出る部分もあります。

最低限の手間で最大限の効果を発揮する3ステップを紹介します。

 

1. 検索ボリュームを調べる

記事のネタを思いついたら、まずはキーワードを考えます。Google Adwordsのキーワードプランナーを使って、「あるキーワードで、どれくらいの人が検索しているのか?」を調べます。

Google AdWordsの機能、「キーワードツール」は、Googleアカウントさえあれば誰でも使えます。

SEO ブログ」というキーワードで調べてみたら、月間9,900件。なかなかいいところです。

ここで1,000~2,000件以上でない場合は、そのキーワードでは充分な効果が期待できません(ブログでは、5位表示でCTR10%〜15%程度。1000件であれば、100クリックから150クリックという計算値かなああ)。

※検索件数が多すぎても、今度は競合が多く、検索上位を狙うのが難しくなる可能性があります。

※幅を広げるために、他のキーワードもチェックしておく。思いつかない場合は、キーワードツールが似たキーワードを表示してくれるので、利用したい。

2. 検索上位サイトをチェックする

キーワード候補が出揃ったら、絞り込む作業に入ります。続いての作業は、その時点で検索上位にあるサイトが、ユーザのニーズを満たせているかどうかの判定です。

自分のほうが良いコンテンツを作れる確信があれば、真っ先に攻略すべきキーワードということになります。

キーワードで検索したときに、どんなサイトが上位表示されるかを調べます。いつも使っているGoogle検索は、それぞれの利用履歴に応じてパーソナライズされているので、『SEOチェキ!』の検索上位チェックツールを使います。

 

seocheki.net

Googleは、あらゆる情報を駆使して、「そのキーワードで検索した人がどんな情報を求めているか」を判断していると言われてます。

そのキーワードで検索したユーザーがどんな情報を求めているのかを推測し、検索上位に表示されているサイトが、ユーザのニーズを満たせているかどうかを確認します。

当記事のSEOキーワードは、当初は検索ボリュームが多い「SEO ブログ」が第一候補でした。が、検索上位サイトを見ると、SEO専門ブログが多く見られました。

ブログではWEBマーケティング全般を扱うサイトの予定なので、あまり勝目がありません。一方、『検索上位』のほうは、見込みがありそうな気がします。

SEO』ではなく、『検索上位』のキーワードで検索される方が、より初心者向きでありそうと考えました。これなら、SEOの方法をわかりやすく解説する記事作りに、ぴったり・・・・。

あとは、キーワードを意識しながら、ユーザのニーズを満たす記事を書くだけですが・・・・。

3. 攻略の優先順位を決める

本気でSEOに取り組むのなら、100以上のキーワードを抽出し、優先順位を決めて、記事を書きたいです。

SEOリストのキーワードを見れば、どんな記事から書いていけばいいのか、どんな記事が求められているのかが推定できます。

まとめ

  1. 検索ボリュームが多く、競合が弱いキーワードを見つける
  2. そのキーワードで検索するユーザのニーズを満たせるコンテンツを把握する
  3. 現在の検索上位サイトよりも、役立つ記事を制作できる自信があるキーワードから、優先的に記事を書いていく

以上の手順を踏めば、効率的に影響力を拡大していくことができるかも・・・・。

ぜひ、実戦してみては・・・・。