ブログ運営について

ブログの使い方などのメモ

売れる記事の書き方

スポンサーリンク

アフィリエイトで売上をあげるには、記事を書いて検索エンジンGoogle,Yahoo! JAPAN等)からターゲットとなる読者を集客するのが基本です。売れる記事に仕上げるためのポイントを紹介します。

売れる記事を書くうえで、大切にしておきたいことが3つあります。

 

1、ターゲットを明確にして書くこと

ターゲットを絞った方が強豪と争う必要もなく、濃い読者を捕まえやすいため、成約もしやすいというメリットがあります。基本的に、ターゲットを明確に絞って記事を書いた方が、売れやすい記事に仕上がります。


2、SEOに強い記事に仕上げること
  1. キーワード:検索と合致しているか
  2. 専門性:テーマが統一されているか
  3. 網羅性:情報が網羅的で離脱する必要がないか
  4. 権威性:客観的な評価を得られているか
  5. ユーザー体験:読者を満足させるコンテンツか

こういったことが、SEOでは重視されています。


3、ユーザーに寄り添った記事を書くこと

アフィリエイトSEOに強く商品の売れやすい記事に仕上げるには、ユーザーに寄り添った記事に仕上げるのが一番です。ユーザーの役に立っていれば、直帰率が下がり、滞在時間も増えますので、ユーザー体験の優れた記事としてSEOでも上位表示されやすくなります。

SEOに強い記事を書く方法についてご紹介します。

タイトル・見出しにキーワードを含ませる

記事のタイトル・見出しにキーワードを含ませるのはSEOの鉄則です。Googleが記事の内容を判断するうえで特に重視しているのが、「title」「h1」「h2」といった要素です。 Googleは機械なので記事を読むことはできません。

そのため、タイトルや見出しにどういったキーワードが含まれているのかを判断して、ユーザーの求めているものと最も近い記事を検索結果に返しているのです。

誰にでも分かりやすい文章に
  • 文章は誰にでもわかりやすい平易なものに仕上げましょう。 読みやすくてわかりやすい文章の方が、読者に離脱されるようなこと(SEOでのマイナス評価)が少なく、商品の購入にもつながりやすいからです。
  • 第一に、指示語はできるだけ使わない努力をしましょう。「あれ」「それ」「これ」といった言葉です。
  • 専門用語の多用もよくありません。読者が専門用語を知らない可能性もありますし、難しそうな言葉が乱立していると、読みたくなくなる人もいます。
  • 結論から話すことも大切です。なぜなら結論が見えない記事は読者に回りくどい印象を与えてしまい、離脱されやすいからです。
記事構造を意識する
  • 記事の構造もしっかり意識して作っていくのが理想です。構造は、オープニング(冒頭)・メイン(本文)・クロージング(まとめ)の3つに分けられます。これをしっかり意識して記事を書くのも大事なポイントのひとつです。
  • メインは、文字通り記事の中核部分です。ここでは、悩みに対する解決策や、提案する商品の詳細などを示していきます。商品を紹介する場合にはメリットだけを羅列するのではなく、デメリットまでしっかり書くのがポイントです。
  • クロージングは記事のまとめにあたる部分です。ここでは、記事の内容を総括して、読者がこれからどう行動すればいいのかを示します。アフィリエイトの場合、最後に読者の背中をそっと押すひとことを置いておき、商品の購入に繋げることが多いですね。
記事に装飾をしっかり添えること
  1. 文字の強調する
  2. 文字に下線を引く
  3. 写真を挿入する
  4. リストや表で整理する
  5. 会話を導入する

このように装飾を取り入れると、何を伝えたいのか分かりやすくなり、記事の理解をさらに促すことができます。少し手間がかかるのでサボりがちにはなってしまいますが、絶対に取り組んだ方がいいです。