ブログ運営について

ブログの使い方などのメモ

アドセンス 今更の10のテクニック


収益を左右する3要素のうち、運営者の手腕で大きく伸ばせる部分はPV数です

PV数 × クリック率 × 単価 = 報酬

クリック率:1% から 10% にするなんてたぶん無理

PV数:月間1万PVを10万PVにするなら誰にでもできます。

 

具体的にどのくらいPV数があればよいのでしょう。目標とする額によっても変わりますが、収益支払いの基準額は 100$ とされています。日本では1万円となっているので、最低でも毎月この金額を稼ぐのを最初の目標としたいです。

何の施策も考えずに1ページあたり3つの広告ユニットを設置するとして、毎月1万円を稼ぐとなると、月間10万PVはほしいところです。

逆に言えば、1年でこの数字を達成できなければ、そのブログが稼げる可能性は低くなります。

自分のライフスタイルに合わせて

1、SNS 流入を狙うブログの運営方法・・・・「広く浅く」です。入り口は主に SNSRSS から・・・・時事ネタ、日記やまとめなど

・記事を書きためていけば検索上位表示される記事も出てきますし、旬な話題を扱えば SNS と検索流入で瞬間最大風速はかなり強くなります。

・数ヶ月すれば検索需要がガクンと落ちるものが多いので、次からつぎへと旬なネタを探してどんどん更新する必要があります。

・500~1000文字ぐらいの記事を毎日書いて、そのなかでホームランを狙う感じですか。1日に複数の記事を更新すると、ホームラン(PV)の確率も高くなります。


2、検索流入を狙うブログの運営方法・・・・「狭く深く」が基本です。確実にヒットを狙っていく方法で、入り口は主に検索サイト

・息の長いキーワードを狙い、その需要とターゲットを見極めながら記事を書いていくことになります。

・記事が蓄積されていくと安定したPV数が見込めるようになります。

・ドカンとPV数が増えることはありません

・記事を仕上げるのに数時間を要し、検証が必要な内容であれば数ヶ月かかることもあります。PV数も急激には伸びないので、すぐに結果がほしいなら心が折れてしまうかもしれません。

 

3、ブログは続けることに意味がある・・・・記事を書くたびに SNS で拡散されまくって RSS 登録も増え、なおかつ検索上位に表示される、なんていうのが理想ですが、そう上手くはいきません。更新時間帯はリピーターがついてからRSS 登録してくれている方が複数いて、狙った時間に更新すればアクセスが増える、というのがわかっていればそれに従ってください。


4、PV数と共に滞在時間をチェックすべし・・・・アクセス数がなかなか伸びないのは、投稿時間が原因ではありません。理由の大半は、記事の中身が「つまらない」とか「役に立たない」からです。


アクセス爆発!はてブ年間TOP100から学ぶバズるブログタイトルのつけ方


5、最適な広告が配信されない・・・・PV数は順調に伸びている。滞在時間もテキスト量に応じており異変はない。何の問題もなさそうに見えるのに、なぜか収益につながらないことがあります。その要因として考えられるのが、記事のジャンルです。取り扱う内容があまりにニッチすぎると、AdSense に出稿している広告主がいない可能性があるからです。


6、ジャンルによって広告単価が変動する・・・・まったく無知のジャンルを扱うと、どうしても薄っぺらな記事になりがちです。それは決して読者を満足させるものではないので、必然的にシェア数は減少し、検索エンジンも正当な評価を下しません。


高単価のジャンルを狙う競合はたくさんおり、そこに打ち勝つためにはどこか抜きん出ている部分がないと話しになりません。


7、体験談は貴重なオリジナルコンテンツ・・・・唯一の突破口として考えられるのは、自らの体験談でしょう。体験談を記事にすること。完全無欠のオリジナルコンテンツとなります。


8、設置場所は記事下をメイン・・・・ブログに広告を掲載しているといっても、核となるのは記事本文です。タイトルで興味を持ってもらい、記事を最後まで読み進めてもらう。読み終わったらどうするのか。その行動を後押しするのが「コールトゥアクション(CTA)」です。


アドセンスは基本的に上から順に単価が高い広告が表示されます。高単価が見込めるのは、ヘッダ周り。でも残念ながらここの場所はクリック率がものすごく低いのです。

逆に高いクリック率が見込めるのは、記事の下。記事を読み終わった直後の読者の行動に「広告をクリックする」という選択肢を追加するわけです。


アドセンスの広告ユニットは、1ページに3つまで設置することができます。ひとつを記事下で消化するとして、あとの2つはどこに置いたら良いのでしょう。


広告主のサイトに飛んだユーザーの滞在時間があまりに低い場合は、誤タップによるものと判定する可能性があり、その結果アドセンス単価が下げられる要因となるのです。


9、ガイドラインや規約はしっかり明記されています。

・1ページに設置できるユニット数や推奨レイアウト、どんな記事の内容なら OK なのか、というものまで書かれているので、きちんと把握しておきましょう。

・アダルトやギャンブル関連のコンテンツにアドセンスを設置すると、一発でアカウントが凍結されてしまうかも

・所有しているサイトを管理画面から設定しておきましょう。

 

10、Google 推奨広告を使うべし・・・・最初のうちは闇雲に自分の好みで使うのではなく、Google が推奨するサイズ・カラー・掲載位置で試すのがよい


◆とにもかくにもPV数を上げろ

◆オリジナルで質の高い記事を書け

Google の推奨に従い、テストを行って収益を改善せよ