ブログ運営について

ブログの使い方などのメモ

Google Analyticsトラッキングコードによる所有権の確認

スポンサーリンク

Search Consoleでサイトを追加した時に行う所有権の確認の方法として「Google Analyticsラッキングコードによる所有権の確認」について解説します。この方法は対象のサイトに対して同じGoogleアカウントを使ってGoogle Analyticsのトラッキングコードを設置している場合に便利な方法です。

 

Search Consoleでサイトを追加した時に行う所有権の確認

Search Consoleへログインして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405105604p:plain

 

 

所有権の確認を行うサイトの右側に表示されている「プロパティの管理」をクリックし、表示されたメニューの中から「このサイトを確認」メニューをクリックして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405105803p:plain

 

「所有権の確認」画面が表示されます。通常は「HTML ファイルをアップロード」方法がおすすめの方法として表示されますが、今回の方法であるAnalyticsのトラッキングコードを使用する方法が使用可能な場合は「Google アナリティクス」方法が最初に表示されます。

 

f:id:yumeji773:20170405105842p:plain

 

Analyticsのトラッキングコードを使用する場合は、既に設定がされていれば追加で必要な作業はありません。確認ボタンをクリックして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405105915p:plain

 

「(URL) の所有権が確認されました。」と表示されれば確認は完了です。

 

f:id:yumeji773:20170405105957p:plain

 

Search Consoleのホーム画面に戻って見ると、確認を行ったサイトに表示されていた「未確認」マークが消えています。

 

f:id:yumeji773:20170405110036p:plain

 

サイトの確認は定期的に自動で行なわれます。そのため、確認のために使用したトラッキングコードを削除しないで下さい。次にサイトの確認が行われた時にトラッキングコードが存在しないと未確認の状態に戻ってしまいます。

 

広告を非表示にする