ブログ運営について

ブログの使い方などのメモ

カエレバをCSSで装飾してみた。


Amazon」や「楽天」の商品をまとめて紹介できるブログパーツが「カエレバ」です。見た目がデフォルトだとすこし寂しいのでCSSで装飾を紹介します。

 

カエレバの初期レイアウト確認

デフォルトのカエレバのレイアウトを確認してみます。デザインは「amazlet風-2(cssカスタマイズ用)」を選択しています。

 カエレバコードの中身はこんな感じになってます。それぞれdiv&classで指定されてます。

    • kaerebalink-box

全体を囲ってるdiv

    • kaerebalink-image

商品画像を囲うdiv

    • kaerebalink-info

リンクとかの文字を囲ってるdiv

    • kaerebalink-name

商品タイトルとカエレバリンク囲ってるdiv→その中にあるkaerebalink-powered-dateがカエレバリンクのみ囲ってるdiv

    • kaerebalink-detail

著者・出版社・日付を囲ってるdiv

    • kaerebalink-link1

Amazon楽天等を囲ってるdiv→その中にshoplinkamazon、shoplinkrakutenのdiv

ではスタイリングしていきます。

style.css
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
.kaerebalink-box {
  border: 1px solid #ccc;
  border-radius: 4px;
  box-shadow: 1px 1px 3px 1px #ddd;
  padding: 15px;
  overflow: hidden; /* float解除用 */
  margin-bottom: 20px;
}
.kaerebalink-image {
  margin-right: 18px;
  float:left;
}
.kaerebalink-image img {
  box-shadow: 0 0 1px 1px #ccc;
}
.kaerebalink-info {
  font-size: 14px;
  margin: 0;
  overflow: hidden; /* float解除用 */
}
.kaerebalink-name {
  font-size: 18px;
  margin-top: 2px;
}
.kaerebalink-detail {
  margin-top: 5px;
}
.kaerebalink-powered-date {
  font-size: 12px;
  margin-top: 5px;
}
.kaerebalink-link1 {
  font-size: 16px;
}
.shoplinkamazon, .shoplinkrakuten {
  float: left;
  width: 40%;
  text-align: center;
  margin: 17px 10px 0;
  padding: 5px 0;
  border: 1px solid #ccc;
  border-radius: 8px;
  text-shadow:1px 1px 1px rgba(0,0,0,0.3);
  background: -moz-linear-gradient(top,#FFF 0%,#EEE);
  background: -webkit-gradient(linear, left top, left bottom, from(#FFF), to(#EEE));
}
.shoplinkamazon a{
  color: #565656;
}
.shoplinkrakuten a{
  color: #FF0040;
}
.shoplinkamazon a, .shoplinkrakuten a {
  text-decoration: none;
  display: block;
}
.shoplinkamazon a:hover, .shoplinkrakuten a:hover {
  opacity: 0.7;
  background: -moz-linear-gradient(top,#FFF 80%,#EEE);
}

こんな感じになります。

 ボタン背景のレイアウトはこちらのサイトが参考になりました。

 スマホ用レイアウトコード

1
2
3
@media only screen and (max-width: 480px) {
  // ここにカエレバスマホ用コード
}

 

このようにメディアクエリ内に書いてあげるのが一般的ですね。PCレイアウトを上書きして使うため、先ほどのコードの下にスマホ用コードが来るように記述してください。

@mediaの中に記述するスマホ用コードは次のとおりです。

style.css
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
.kaerebalink-box {
  border: 1px solid #ccc;
  border-radius: 4px;
  box-shadow: 1px 1px 3px 1px #ddd;
  padding: 10px 15px;
}
.kaerebalink-image {
  margin: 0 0 10px 0;
  float: none;
}
.kaerebalink-image img {
  margin: 0 auto;
  display: block;
}
.kaerebalink-info {
  font-size: 12px;
  margin: 0;
}
.kaerebalink-name {
  font-size: 15px;
  margin-top: 2px;
}
.kaerebalink-detail {
  margin-top: 5px;
}
.kaerebalink-powered-date {
  font-size: 11px;
  margin-top: 5px;
}
.kaerebalink-link1 {
  font-size: 14px;
}
.shoplinkamazon, .shoplinkrakuten {
  float: none;
  width: 100%;
  margin: 10px 0;
  padding: 5px 0;
}

 

Chromeスマホ用に画面サイズを変更し、レイアウトを確認してみます。

こんな感じです。

かなりシンプルですが、デフォルトのままよりかはデザインされているんじゃないでしょうか。