読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ運営について

ブログの使い方などのメモ

商品を購入してもらうためのショップ

アフリエイトのこと

人はウェブを見ている時、目線を「F」の字の形で視線を動かす法則があるので
「左→右」「左→右」という流れが基本になります。

 

ポイント1

目立たせたいコンテンツは左や上に掲載するようにしましょう。

 

ポイント2

販売している商品を分かりやすく見せるために、商品グループを作成します。
カテゴリごとにまとめたり、サイズごとにまとめたり、商品ごとにまとめると良いです。

 

ポイント3

色の使い方を工夫するだけで、商品の良さをよりPRできるショップが出来上がる。
商品の特性、使用目的などを考えて、合う色を探します。

 

※無料WEB講座

http://shop.ds.moshimo.com/ds/shop/college/lecture/index

 

成功者のショップを研究して自分のショップに反映する。

 

トップページのコンテンツを追加します。

基本ルール

・コンテンツごとに必要文字数以上書くこと!
・上位表示するキーワードをいれて文章を書く!

 

1、ネットショップを見ていると、

ほとんどのショップで店長の挨拶があります。
信頼性も高まるので、トップページに掲載します!

事例

※ショップできすぎくん>ドラッグ&ドロップで要素を追加>自由ボックス

 

2、何を売っているショップかを

一瞬で判断してもらうために、トップページに一押し商品のカートを設置しましょう!

ショップできすぎくん>ドラッグ&ドロップで要素を追加>カート(大)

 

3、商品を購入しようか悩んでいる人には、

自分がこの商品を買おうと思った時、どんなことを疑問に思うかを考えて、質問と答えを掲載します!疑問を解決してあげる必要があります。

ショップできすぎくん>ドラッグ&ドロップで要素を追加>よくある質問

 

4、もしもの商品は8,000円以上の買い物で送料無料になるので、この商品も一緒にいかがですか?と提案してあげます。

ショップできすぎくん>ドラッグ&ドロップで要素を追加>セット販売

 

5、テレビで紹介されている商品、雑誌で紹介されている商品は
「ここの番組で紹介されたよ」と教えてあげると、ショップの信頼度が向上します。

ショップできすぎくん>ドラッグ&ドロップで要素を追加>自由ボックス

 

価格.comテレビ紹介情報

http://kakaku.com/tv/

楽天市場 テレビで紹介された商品情報

http://event.rakuten.co.jp/ent/onair/

 


独自のオリジナルコンテンツを作成して、他ショップとの差別化をしていきます。

購買者の信頼性が高まりやすくなります。 さらにSEO対策においても重要度が高いので、時間があるかぎりどんどんコンテンツを追加していきます!

 

※独自のオリジナルコンテンツでは、TOPページに掲載した「よくある質問」の解答を
さらに深く掘り下げた情報を提供します。

実践

サイドバーや商品詳細ページにリンクを置いて、自由ページに訪れる導線をしっかり作るます。

  • ショップできすぎくんの自由ページを利用して、オリジナルコンテンツを作成する。
  • 自由ページは、思いつく限りどんどん作成することを忘れない。

 ひとつの商品に対して、10回「なぜ?」と問掛けてみます。
そして答えを見つけるために、インターネットで調べて、必ず答えが見つかるはずです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キーワードで上位に表示させるためには? step1

アフリエイトのこと

キーワードで上位に表示させるための対策を行なってみます。

実践4

ショップできすぎくんで、SEO対策に強いショップを作成する。

決めたキーワード(商品名)を300文字に1つ散りばめる。

 

1、ショップ名にキーワードを入れる

 

f:id:yumeji773:20170324141201j:plain

2、各ページのページタイトル・ページ説明文にキーワードを2~3個ずつ入れる

 

f:id:yumeji773:20170324141412j:plain

3、ショップ内にもキーワードを掲載する

 

f:id:yumeji773:20170324141603j:plain

 

※ショップに掲載した内容は、ショップオーナーが責任を持たなければなりません。抵触する内容が記載されている場合は、問題になる可能性があるので注意です!

 

ショップ訪問者1000人を目指すには?STEP0

アフリエイトのこと

商品が決まればあとは商品を掲載するだけで、あなたのショップが完成です。次は、ショップへの訪問者を増やす、検索エンジンの上位表示を目指すことについて、考えてみます。

YahooやGoogleの検索結果は、ある条件に基づいて表示されているので、ショップのSEO対策しっかり行えば、上位に表示することが可能なはずです!

現在上位表示するための重要事項が、内部コンテンツと外部コンテンツ

のようです。

 

1、内部コンテンツ

ホームページ内にある文章だったり画像のコトっ!!文章9:画像1のバランスがBESTだそうですあとはタイトルタグ記事タイトル、文章中に上位表示させたいキーワードを散りばめて書くのが良い。

 

2、外部コンテンツ

WEBサイトから受けるリンクのことです。
色んなサイトからリンクを受けていると評価が高くなるようです。そのためには、自分でブログ、サイトを立ち上げてリンクを貼る。

 

各種対策の実践として単品の商品販売ショップを作る。

実践3

SEO対策で上位表示させるキーワードは「商品名」にする。

SEO対策を行う時は、キーワードを統一して1ショップ1キーワードにする

 

キーワードを決める時の大事なポイントが2つあります!

[1]需要があるか。

需要を見つける時は goodkeyword ツールで、商品名の関連キーワードから複合キーワードを見つけます。


※サジェストキーワードなどから、人気が高そうなキーワードを探します。

goodkeyword.net

[2]競合の状況を把握する
候補キーワードが決まったら一度Yahooで検索し、タイトルの先頭にキーワードがそのまま入っているショップの数を確認します。

 

※3サイト以上のサイトが当てはまっていたらSEO対策の競合が強いと判断します。

 

次回から step1「ショップできすぎくん」を使ってショップを作成してみます。

 

売上をあげられる商品を選ぶには?

アフリエイトのこと

自分の好みの商品や、スーパーなどで販売されている商品は、ネットでは購入されにくい傾向があります。売上をあげられる商品を選ぶことが重要なポイントになります。

 

参考ページ

1、おすすめ!特集ページ一覧(もしも側の予測商品)

2、売上げランキング(実際に売れている商品)

3、商品を購入した理由が書かれた商品(購入理由)

 

インターネットで売れる商品を見つけるには?

実践1

直感で「この商品売れそう」と思った商品のURLをコピーしてExcelに一覧表を作成する。まずは50個の商品を選定する。

 

1、お店で買うのが恥ずかしい商品

ダイエットウェア、ダイエット器具、ダイエット食品、美容商品、コスプレ衣装など。

2、近くに売ってない商品

遠くて買いに行けない地方の名物・特産品、なかなか手に入らない限定商品など。

3、持ち帰れない商品

家具、運動器具、寝具、自転車などの大きな商品、食品・飲料のまとめ買いなど。

4、テレビで見た商品

テレビで紹介された商品はすぐに検索されます。短期で需要が高まるのでスピードが必要。

 

メディア掲載情報

価格.com テレビ紹介情報

 

1、お店は、総合ショップに、専門ショップにしますか?
・コンビニやスーパーのように、色んな商品を扱う総合ショップ
・ジャンルを絞った商品を扱う専門ショップ
 
2、売上をあげるためには、お客様に足を運んでもらう必要があります。
・競合の少ない商品を売るお店にしますか? 
・競合の多い人気商品を売るお店にしますか?
 
「購入される商品」に絞りこんでいく作業を行います。

実践2

➀選定した売れる商品の中から、ショップに掲載するオススメ商品を1商品決める。

②決めた1商品に関連する(同じジャンル)商品をさらに10商品~30商品を選定して、ショップに掲載する商品を決める。

 

購入される商品の条件

条件1、送料無料(8,000円以上)

 [送料を気にするユーザーが多く居るため]

 

条件2、素材の画像種類が多いもの 

[充実していた方が、購入者は商品をイメージしやすい]

 

条件3、出荷目安日時 

[即日出荷~3営業日以上超えると、他店に流れてしまう可能性あり]

 

条件4、商品の感想評価 

[評価が高ければ、安心感がでる]

 

条件5、支払い方法 

[クレジットカードで支払いしてる人が多いため]

 

条件6、正規品 

[「正規品」でないものが出回っている製品に関しては重要]

 

条件7、価格(競合との差)

 [安い方が購入されやすい]

 

※競合の価格や納期を比較するには
Yahooで「商品名」検索をして、1ページ目に表示されているサイトをチェックします。

 

もしもドロップシッピングの商品を一括登録する

アフリエイトのこと

商品一つ一つの値段・画像・商品説明を入力するなんて果てしない作業をやるなんて考えられないので、どうやって楽にできるかを調べたところ、出会ったのが『新もしも商品登録プラグイン』でした。

1、.もしもドロップシッピングから商品のCSVデータをダウンロードする

CSVデータのダウンロードは「もしもドロップシッピング」をログイン後、サイトのフッター(画面の一番下)にダウンロードページに行くリンクがあるので、そこから販売したい商品カテゴリのCSVをダウンロードします。

 

f:id:yumeji773:20170308191906p:plain

 

2、『新もしも商品登録プラグイン』と『CSV Importer』をインストールする

①『新もしも商品登録プラグイン

http://www.0725net.com/pluginusemailform

②『CSV Importer』

CSV Importer — WordPress Plugins

 

3、.エディタソフト・アプリをインストールする

windowsだったら秀丸エディタだったり、Macだったらmiなど、簡単にエンコードを変更できるエディタを準備してください。

 

このプラグインでできることは大まかに言うと2点

(1)もしもドロップシッピングから商品情報を取得してくれます。
もしもドロップシッピングのサイトから、売りたい商品のIDを入力するだけで、その商品の値段・画像・商品説明・在庫状況・カートへのリンク等々、全て取得できます。

(2)取得した情報の見た目をカスタマイズできる。
販売ページのHTMLテンプレートを作ることができるので、HTMLとCSSをわかっていれば思うがままにカスタマイズできます。
もちろんカスタマイズは任意なのでHTMLやCSSがわからない方は元々の状態でも使えます!

 

新もしも商品登録プラグインの使い方

 

1.まず、WordPressダッシュボードから[ 設 定 ] ⇒ [ 新もしも商品登録プラグイン ] をクリック。

 

f:id:yumeji773:20170308193006p:plain

 

2.画面上部の2項目に、もしもドロップシッピングで登録した時のAPI認証コードとショップIDを入力します。

  

3.各パーツの画像を変更&商品画像サイズを変更(※任意)
メディアからアップロードした画像のURLを入れるとオリジナルパーツに変更できます。

 

4.HTMLテンプレートを作成(※任意)
こちらも設定すればオリジナルの販売ページを作ることができます。

 

f:id:yumeji773:20170308193349p:plain

5.ここから本家と違う!single.phpに[itemmoshimo]を貼る。

f:id:yumeji773:20170308193520p:plain

 

※[itemmoshimo]は販売ページHTMLテンプレートを出力するコードです。

WordPress管理画面の「外観」⇒「テーマ編集」⇒「single.phpを開きます。


通常であれば、投稿記事が反映される

 

f:id:yumeji773:20170308194451p:plain

<?php the_content(); ?>を消して、[itemmoshimo]を入れます。

つまり、普段ブログが表示される場所に販売ページを表示させるということになります。
ここまでで新もしも商品登録の設定は完了です!

 

商品を一括登録する

もしもドロップシッピングのサイトからダウンロードしたCSVデータを投稿ページにインポートできるように手直しします。

1.CSVを開き、不必要なデータの削除

Excelを使って開くと商品情報が一行ずつ何列にも渡って入っていますが不必要な列は消してしまいます。
「商品ID」「商品名」・「タグ」・「カテゴリー名」以外の列は消してしまいましょう。

 

f:id:yumeji773:20170308195203p:plain

 

このままWordPressにインポートすると、カテゴリーやタグは入力されている通りに作成されてしまいます。

インポート用の項目名に修正&項目の追加。

準備しているカテゴリー名タグ名がある場合はここで修正をしておきます。
複数のカテゴリーやタグに属する場合は「カンマ(,)」で区切ります。

 

例)「すき焼き,セット」

インポート用の項目名に修正&項目の追加

 

f:id:yumeji773:20170308195447p:plain

インポートする前にデータ内の1行目に並んでいる項目名を修正しなくてはなりません。

修正する項目名
A列「商品ID」⇒ item_id
B列「商品名」⇒ csv_post_title
C列「タグ」⇒ csv_post_tags
D列「カテゴリー名」⇒ csv_post_categories
E列⇒ csv_post_post
※E列のセルに追加してください。

追加したE列の2行目以降に「(スペース)」を入れる⇒保存⇒閉じる

 

f:id:yumeji773:20170308202655p:plain

 

「E2」のセルに「スペース」を入れてから一番したの行までコピペします。

本来は投稿記事の本文を入れるところなんですが、本文が空のままインポートできないのでスペースだけ入れます。入れ終わったら保存して閉じます。

 

※念のため、ここまで修正したCSVファイルは複製しておいてください。
CSVデータの中の日本語を読み込めるようにする。本来、商品名やカテゴリー名など、データの中に日本語が含まれてる場合は「”すき焼き”」このように一つ一つに「ダブルクォーテーション」を入れなくてはいけません。

enz0.net

 

エディタソフトでエンコードを変更する

「準備するもの」で書いたソフトのようなエディタを開き、先程までのCSVデータを読み込み、エンコードUTF-8に変更して、保存して閉じます。
※「mi」を使っている場合は、改行コードをLF(UNIX)に変更してください。
※「秀丸」の場合はエンコードの変更でOK

 

CSV Importerでインポートする。

エディタでエンコードを変更したCSVデータを、WordPressにインストールしたCSV Impoterで読み込ませたら完了です。
CSV Importerの場所はWordPressの「ダッシュボード」の「ツール」の「CSV Importer」です。
インポートが完了したら「投稿一覧」を見て、記事が作成されていれば成功です。

 

購入される商品」に絞りこんでいく作業

ブログのこと

ショップの販売ページ、TOP ページ

・送料無料(8,000 円以上) [送料を気にするユーザーが多く居るため]

素材の画像種類が多いもの [充実していた方が、購入者は商品をイメージしやすい]

発送目安日時 [即日発送~ 3 営業日以上超えると、他店に流れてしまう可能性あり] 商品の感想評価 [評価が高ければ、安心感がでる]

支払い方法 [クレジットカードで支払いしてる人が多いため]

正規品 [「正規品」でないものが出回っている製品に関しては重要] 価格(競合との差) [安い方が購入されやすい]

 

商品を『あなたのショップのおススメ商品』と決めて その商品と関連する(同ジャンル)商品をさらに洗い出しましょう。

Yahooで「商品名」で検索をして、1ページ目に表示されているサイトをチェックします。1,000 円以内の価格差であれば、あなたのショップで購入される可能性があるので
1,000 円以上の価格で負けているものを削除していきましょう!

 

ようやサイト内対策くショップ作成に

ショップを完成させても、お客様が訪れてくれなければ売上に繋がりません!

自分のショップもYahoo や Google検索エンジンで 上位に表示させる必要がある。

SEO 対策

◆サイト内対策

◆サイト外対策

キーワードは「商品名」で対策を行っていきます

1ショップに対して、1キーワード(商品名)の対策を行うことで、より上位表示されやすくなるので複数のキーワードを選定しないよう、注意をしてください。

 

キーワードを決める時の大事なポイント

①需要を見つける時は goodkeyword ツールで、商品名の関連キーワードから複合キーワードを見つけます。サジェストキーワードなどから、人気が高そうなキーワードを見つけましょう。

②候補キーワードが決まったら一度 Yahooで検索し、タイトルの先頭にキーワードがそのまま入っているショップの数を確認しましょう。その時、3 サイト以上のサイトが当てはまっていたら SEO 対策の競合が強い証拠となります。

 

キーワードで上位に表示させるための対策を行なっていきます。

①ショップ名にキーワードを入れる

②各ページのページタイトル・ページ説明文にキーワードを 2、3 個ずつ入れる

③ショップ内にもキーワードを掲載する

(300文字に1つはキーワードを散りばめるよう意識してコンテンツを作成しましょう!)

商品の詳細ページを充実させていきます。

・商品説明部分を自分のオリジナルの言葉で 1,000 文字以上の文章を作成しましょう。

同じ商品でのカラー・サイズ違いの場合でも編集できる範囲の文章を変更して できるだけオリジナル文章を作成するように意識しましょう。

商品説明のオリジナル文章を書く時のポイントは、購入後のイメージを持たせることが大事です

人はウェブを見ている時、目線を「F」の字の形で視線を動かす法則があるので「左→右「」左→右」という流れが基本になります。「送料無料バナー」など、目立たせたいコンテンツは左や上に掲載するようにしましょう。

・販売している商品を分かりやすく見せるために、商品グループを作成しましょう。
カテゴリごとにまとめたり、サイズごとにまとめたり、商品ごとにまとめると良いです。

色の使い方を工夫するだけで、商品の良さをより訴求できるショップが出来上がるので商品の特性、使用目的などを考えて、合う色を探していきましょう。

・ネットショップを見ていると、ほとんどのショップで店長の挨拶があります。

・何を売っているショップかを一瞬で判断してもらうために トップページに一押し商品のカートを設置しましょう!

・この商品を買おうと思った時、どんなことを疑問に思うかを考えて 質問と答えを掲載しましょう!

・✖✖✖✖円以上で買い物で送料無料になるので この商品も一緒にいかがですか?と提案してあげましょう。

・テレビで紹介されている商品、雑誌で紹介されている商品は 「ここの番組で紹介されたよ」と教えてあげると、ショップの信頼度が向上します。

ブログを使ってショップへの誘導を強化させる対策を行なっていきます。

 

 

ブログを使ってショップへの誘導を強化させる対策

アフリエイトのこと

ブログにバナーだけをベタベタと貼り付けたり、 どこかの内容をコピー&ペーストで貼り付けるような使い方は スパムと捉えられることがあります。必ず自分の言葉で文章を書きましょう。

 

「ショップと関連したテーマのブログを 作る

テーマが決まったら、キーワードを ブログタイトルに入れて、ブログを立ち上げていきましょう!

・1日1記事を連続で 5 日間更新する(。リンクは設置しない) ・全てオリジナル文章で 500 字以上の記事にする ・テキスト内に商品名キーワードを最低 2 個入れる。

・毎日ブログを書く時間がない!という人には 予約投稿できる機能を使うと便利です!

 

ブログ運営方法

1日目、どんな商品か?

2日目、人気の理由

3日目、商品仕様

4日目、種類

5日目、メリット

6日目、リンク設定

ブログを上位表示させることが第一なので、6 日目のリンクを設置後はキーワードで上位表示されているか、調べてみましょう!

(あなたのショップの URL を Yahoo や Google の検索窓に入力をして、検索します)

 

※商品がなくなったら、類似商品を掲載してカバーをしていきましょう。